Q4.検定・資格取得について

Question どんな検定・資格が取れますか?
Answer
 まず、「経営科学科」と「特別進学コース」で共通に受験するものがあります(下表左端)。 全員が、全国商業高等学校協会主催の検定試験6分野(計8種目)に挑戦します。本校では、 「高校卒業までに3分野以上の1級に合格しよう!」を目標にあげており、全員が1級試験に挑戦します。 実際に在校生の50%〜60%程度が3分野以上の1級を取得して卒業します。さらに、「社会人の方々が働きながら挑戦 されている」試験のレベルまで挑戦できる環境を整えています(下表中央)。生徒一人ひとりが「さらにレベルアップしたい」興味・関心のある 分野を類型選択授業で学習します。ITパスポート試験や日商簿記2級、英語検定2級・準2級を中心に 高度資格取得を目指します。また、特別進学コースでは、コースの特色として希望選択プログラムを用意し、さらに高度な資格取得に挑戦できます。 これは、入学時から2年間、週2時間のプログラムを受講し、卒業後にプロフェッショナルを目指すプログラムです。 3分野のプログラムが用意されており、応用情報技術者試験、日商簿記1級、英語検定準1級、2級、TOEICテスト に挑戦します。

 

Question 検定・資格は、全員が取得できるのですか。
Answer

 授業を受講するだけでは取得できません。試験に合格しなければなりません。 ただ、多くの検定・資格は、授業や朝の課外学習で指導をします。日頃の学習で身につけた知識や技術の到達目標として設定していますので、 授業を受けている全員で受験します。
中学校で、英語検定や漢字検定に挑戦している人もいると思いますが、多くは希望者だけで挑戦しているのではないでしょうか。本校では、 「クラス全員で挑戦!」することによって、友人同士で教えあい、励ましあいながら試験に 挑戦します。クラス全員が同じ目標に挑戦することで、検定試験を通じた仲間づくりにもなっています。


Question 検定・資格試験に合格しないと卒業できないのですか。
Answer

 卒業はできます。ただ、進学希望の生徒は入学試験、就職希望の生徒は就職試験で、本校での学習成果をアピールする ために意欲的に挑戦しています。検定・資格に合格すれば、その成果を履歴書に記載することができます。これは、大学入試、専門学校入試、就職試験 すべての場面で活用できます。もちろん、試験に不合格となることもあります。しかし、目標を立て、計画的学習 する習慣、挑戦する姿勢を持つことも社会人として働く上で大切なことです。高校は卒業できますが、その後社会で活躍するときの大きな力 になって欲しいと考えています。


このページを閉じる